コサージュ作り*ランのワイヤリングのお話

こんにちは。
ほんものの植物でつくるアクセサリー・プランツジュエリーのmicromです*

ぼちぼち続けているコサージュ講座、今月はランのなかま。

rIMGP0100

ランってちょっと高嶺の(高値の?)花というイメージで、
あんまり自宅用には買わない人も多いかもしれませんね。

ランは花びらがぶあつく、少々の乾燥にも耐えて丈夫なことから、
コサージュやヘアードの世界には、なくてはならない存在。

ウエディングのお花屋さんで働いていたときは、毎週のようにランのワイヤリングがありました。

よく使われる代表的なランといえば……

切花でもおなじみの 「デンファレ」 。
白はウエディングブーケにもよく使われます。国産のものは本当にキレイ。

デンファレ

 

「シンビジューム」 。こちらは冬のランです。
お歳暮などの鉢物でおなじみですね。
けっこう丈夫で毎年咲くので、育てている方も多いのでは?
ピンク、白、グリーン、オレンジ、チョコレート色などなど……色・品種が豊富で、選ぶのが楽しいです。

写真 2016-01-16 12 25 46

 

言わずと知れたランの王様 「コチョウラン」 。
花がぺったりと薄いので、ヘアードにとても使いやすい。
和装でも洋装でも、結婚式ではよく使われます。

IMG_5408

 

ほかの花と比べるとランは花のつくりが特殊なので、ワイヤリングにもいろいろなテクニックがあります。

一番緊張するのはやっぱりコチョウラン。花びらが傷つきやすく、お値段も高めです。
ウエディングの花屋さんにいた頃は、いかに手早くミスなくワイヤリングをするか、集中力の求められる作業でした。

成人式のヘアードには、シンビジュームがおすすめ。
ちょうど旬の時期なので、品種が豊富です。
着物の色に合わせて華やかにもシックにもできるし、とても肉厚で丈夫。
一日着けていてもへたれることがありません。

一番手軽に手に入るのは、デンファレでしょうか。
輸入のものは値段も手頃で、季節を問わずお店に並んでいますよね。
よく見るのは濃いピンクと白の花ですが、じつは色々な品種があるんです。
もっとスポットがあたってもいいのに…と思う花のひとつです。

rIMGP4172

 

コサージュにするときは、一番きれいな一輪を選んでワイヤリング。
たくさんの花がついている茎から 「一輪」 を取り出すと、お花の美しさにハッとします。

まとまっている花姿の美しさと、一輪だけを見た美しさ。
どちらも綺麗なのですが、視点が変わるようで面白い瞬間です。

アレンジや生け花とはちょっと違う楽しみがふえるコサージュ作り。
やり方を覚えておくと、いつでも使えてとても重宝しますよ。

 

2月のプランツジュエリー・コサージュ講座はこちら

講座一覧はこちら

 
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/