千日紅の本当のお花はどこ?

定番商品の千日紅(センニチコウ)。

本来の旬は夏~秋ですが、ほぼ一年を通じて生産されているため
いつでも色あざやかなものをご用意できます。

IMG_8585.JPG

さて、センニチコウの本来の花はどこでしょう?

近づいてみるとわかりますが、黄色い小さいつぶつぶが見えますね。
これが本当の、お花。

私たちがお花の色だと思っているピンクや赤の部分は、「苞(ほう)」と呼ばれる部分です。
だから色褪せず長く鑑賞することができるのですね。

 

ちなみに黄色い花は、下から徐々に枯れてゆきます。

IMG_8586.JPG

じっくり見ないとわかりませんが、下の方には黒っぽく枯れたお花が。
これがあると全体の色も美しく見えないので、商品にするものについてはひとつひとつ取り除いています。

rIMGP0007creation_120140525-2-1tg8mlp

 

—–

1年中ほぼコンスタントに入手できる千日紅。
本来の旬に限らず、きれいなアクセサリーがつくれるのは全国の生産者さんと流通のおかげです。

花屋をやっていると、「いつでも安心して楽しんでもらえること」と、「今しかない季節を感じてもらうこと」と、ちょっとしたジレンマを感じることもあります。
でも、どちらもとても大切なこと。
そのことについては、またいずれ改めて。

届けてくださる方々に感謝です。
【植物図鑑】千日紅(センニチコウ)