摘みとって作るということ

今日は、秋葉原ハナノキさまでの7月のワークショップでした。

今回の花材は 『ルリタマアザミ』。
お花屋さんでは6~7月に出回る、季節限定のお花です。

r20140712ルリタマWSハナノキ

 

今回はかんざし(もしくは根付)を制作しました。

r20140712ルリタマWSハナノキ (3)

 

サンプルはこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

ワークショップやレッスンでこだわっていることは、材料の植物を直接摘みとってもらうこと。

前半では植物の特徴を話しつつ作りかたをレッスンし、
後半の時間は自由に素材を摘みとってパーツを制作していただいています。

使う数ぶんだけ花を切って用意していくこともできるし、その方が準備も楽なのですが
それはあえてしないことにしています。

ひとつずつ、どれを使おうか選ぶこと。それは植物を観察することです。
先端の方が咲き進んでいるな、とか、根元の葉っぱの方が硬いな、とか
事前に用意された一片では気づかないことがたくさんあり、それがプランツジュエリーの醍醐味だと思うのです。

そうやって選んだ花はどれも愛着がわくもの。

今日もみんなであれこれ観察しながらたくさんパーツができました。

参加者の方の作品。
みなさん時間内に5~6パーツくらい制作できました。

r20140712ルリタマWSハナノキ (9)
大小いろいろ。満開の大玉は大好評。

 

r20140712ルリタマWSハナノキ (8)
ちいさいつぼみをたくさん使って。日常でも使いやすそうです。


r20140712ルリタマWSハナノキ (7)
ビーズを効果的に使いました。
ボリュームをだしてつくったエアプランツのパーツがインパクト大。
r20140712ルリタマWSハナノキ (10)
ちょっといびつな形のものをあえて選んでみたり。

r20140712ルリタマWSハナノキ (6)
しっかり花が開いた大玉も使ってみたいとチャレンジ。

通常はドライになりにくいのであまり使わないのですが、意外にもふんわりしてかわいい・・・!
一日楽しむのなら十分いけそうです。要・経過観察ですね。

 

ルリタマアザミは出回る時期が短いので、制作は今のうちです。
この旬の感じも、プランツジュエリーの魅力だと思います。

たっぷりルリタマアザミとたわむれた2時間でした*

ご参加のみなさま、ありがとうございました!

—–

 

来月(8月)の定期ワークショップはお休みさせていただきます。
9月以降の日程は、決まり次第こちらでお伝えいたします。

ワークショップやイベントの日程はメールマガジンでもお届けしています。
見逃したくない方はぜひご登録くださいね*