色の変化のこと

少しご無沙汰してしまいました。
夏のワークショップのこと、まもなく色々お知らせできると思います。
楽しみにお待ちくださいませ!

さて、プランツジュエリー、
「どのくらいもつの?」はたぶん一番聞かれる質問です(笑)

ドライにしたお花も色は徐々に変化していきます。
こちらは秋葉原のカフェ・ハナノキさんの千日紅のリング。
左3つは先日納品してきたもの、右3つは4ヶ月程前に納品したものです。

あざやかな色はだんだん落ち着いた色に。
時間をかけて色が抜けていきます。
また、太陽の光に長く当たるほど、色の変化は早くなります。

色がぬけにくいもの(もともとあまり色味のないもの・ユーカリなど)もありますし
千日紅のように色の変化がわかりやすいものもあります。

(色の変化を楽しんでいただくためにも、お客さまの手にはなるべく
つくりたてのものが届くよう、定期的に商品の入れ替えをしています。
委託先をあまりふやせないのも、そんな事情だったりします)

「どのくらいもつの?」には

お客さまの使う頻度や植物の種類によって退色のスピードは違うので
一概にはお答えしにくいもので・・・

植物によって、季節によって、一定でないのが面白いところでもあり
こんなふうに、時間の経過でこう変わりましたよ、とお知らせするしかないのですが
色の変化や質感の変化も一緒に楽しんでいただけたらいいな、と思っています。