【植物図鑑】千日紅(センニチコウ)

rIMGP0115

 

ドライになっても鮮やかな色がのこる千日紅。
赤い部分は「苞(ほう)」と言われる部分で、実際のお花はその中につつまれています。

rIMGP0111

 

黄色く見えるのが花です。ドライにしてきれいに残るのは苞の部分。

ひとつの花がながく咲く、ということで千日紅の名前がついたそう。
(千日はさすがに咲いていませんが、ドライフラワーならかなり長くもちます。
日に当てると退色が早いので、密閉した暗所なら意外といけるかもしれません)

 

一般に見かける園芸種は「グロボーサ種」と「ハーゲアナ種」の2種類です。
上の写真のような、切花でよく見かけるのが「ハーゲアナ種」。
背が高く、花も大きくなるタイプ。赤やオレンジ、ラズベリー色などがあります。別名キバナセンニチコウ。

一番有名なのは写真の「ストロベリーフィールド」でしょうか。
名前のとおりイチゴのようなキュートな赤で、お花屋さんでも人気があります。

 

そして鉢植えで秋によく見かけるのは「グロボーサ種」。
ローズ・ピンク・白などがあり、小さな花を次々咲かせるタイプです。

r

ちいさなつぼみが取りやすいので、アクセサリーにはぴったり。
ハーゲアナ種に比べて、ちょっとマットな色合いが多い気がします。

【品種図鑑】

ハーゲアナ種(キバナセンニチコウ系)

rIMGP0111

rIMGP0197

 

 

 

 

(左から)ストロベリーフィールド/グリム

 

 

ゆびわやピアスに仕立てて。どちらも魅力的な千日紅です。

rIMG_4301rIMGP0010

 

 

 

 

 

 

 

(写真左)ラズベリーフィールドとストロベリーフィールドのゆびわ
(写真右)グロボーサピンクとユーカリのピアス