植物のこと

日米どちらも、紫陽花の魅力。

こんにちは。プランツジュエリーのmicromです*

今年はあまり雨の降らない梅雨……関東でも水不足が心配です。
梅雨の風物詩だった紫陽花もそろそろ見ごろを終え、ぼちぼち花の色が変わり始めていますね。
(ここから秋色に立ち枯れてゆく紫陽花も楽しみのひとつではあります)

r写真 2016-07-02 11 53 00

さて、いわゆる紫陽花が終わりかけになると目に入ってくる、ちょっと出身の違う紫陽花たちがいます。

アメリカノリノキ。
「アナベル」という品種名で有名な、さわやかなライムグリーンの紫陽花。
r写真 2016-07-02 11 50 29

ひとつひとつの花は小さいけど、かたまりはボリューミー。
r写真 2016-07-02 11 50 12

 

円錐形にのびた花塊がしだれてくる様子が迫力ある、カシワバアジサイ。
r写真 2016-07-02 13 49 18

咲き始めは白かった花が、だんだん色づいてくるこの時期が一番きれい。(だと私は思っています)
r写真 2016-07-02 13 48 55

たっぷり編み込んで花冠にしたい…うっとり。

 

一般的な紫陽花の原産は日本。
ヤマアジサイやガクアジサイなどの楚々とした日本の紫陽花が、西洋で品種改良され、ピンクや紫やのボリュームある品種がつくられました。

それに対し、このアナベルやカシワバアジサイは北アメリカ原産の紫陽花。
ただし品種改良には日本のガクアジサイなども重要な役割をはたしています。

言われてみればたしかに趣の違う、アメリカ出身の紫陽花たち。
しかし美しいものを求めて改良をする人間の心は同じですね。

アナベルとカシワバアジサイは街中でもよく見かけることができます。
まだまだ色が変わっていく様子が楽しめますよ。

おうちで育てている方は、しっかり水分が抜けてきたらきれいにドライになります。
一輪~ひとつまみの量で、可愛いピアスがつくれますよ。
ぜひトライしてみてくださいね*

r写真 2015-10-12 12 41 11

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

昭和記念公園*初夏のヒマラヤスギ

こんにちは。プランツジュエリーのmicromです*

先日、昭和記念公園に行ったときにヒアラヤスギの森で見つけたもの。
ん?なにか白いものがありますよ。r写真 2016-07-02 12 27 16

近づいてみると…ぽこぽこと。r写真 2016-07-02 12 27 28

ヒマラヤスギの若い球果でした!r写真 2016-07-02 12 27 45

 

ヒマラヤスギの実、というとなじみがないかもしれませんが……
秋の姿はこちら!「シダーローズ」と呼ばれてリースやクラフトに使われています。
rIMGP0013

名前のとおり、ばらの花のよう!これはヒマラヤスギの球果(松ぼっくり)の先端。r写真 2016-07-02 14 12 57

micromも去年のクリスマスリースに使いました*rIMGP0055

今ふくらんでいる球果は、昨年の秋に開花し受粉した雌花が今年にかけて成長したもの。
r写真 2016-07-02 12 29 08

このまま松ぼっくりのように熟していきますが、下の部分はぱらぱらと落ちてしまいます。
残った先端部分が 「シダーローズ」 になるのですね。

秋にシダーローズを拾ったことはありますが、初夏の球果は秋の姿に比べてボリューミー!
大きめのお手玉のようで、ユーモラスな光景でした*

ヒマラヤスギの木を見つけたら是非、上を見上げてみてくださいね。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

柏餅の葉っぱ??初夏のサルトリイバラ(サンキライ)登場!

こんにちは。プランツジュエリーのmicromです*

土曜日のレッスンは「はじめてのプランツジュエリー講座」でした。

rIMGP0091

5月に登場!みんな大好きもふもふのラムズイヤー。

そして今年は初夏のサルトリイバラを登場させてみました。

rIMGP0089

サルトリイバラ(サンキライ)といえば、クリスマス時期の赤い実でおなじみ。
でも初夏の緑のサルトリイバラもみずみずしくて可愛いのです!

熟した赤い実はこちら。秋が深まると葉も枯れて、実だけがくっきり見えるようになります。

rIMG_7691

サルトリイバラはかたまりで使っても、一粒で使っても。

rIMGP0002

制作の説明で、実ものを半分に割って断面をお見せするのですが、サルトリイバラの断面はちょっと意外な感じでした…!ふふふ。

*****

ところでサルトリイバラのこの丸い葉っぱ、関西では柏餅の葉っぱとして使われるそうです。
たしかにちょっと小さめだけど、くるんとお餅を巻いたらかわいいかも。

まだ遭遇したことはないのですが、サルトリイバラの柏餅、いつか食べてみたいなあ。

 

5月19日(木)のレッスンも、同じ花材で開催予定です。
ご参加のみなさま、お楽しみに*

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

コットンの種から考える。人間と綿がなかよく共存する世界について。

ほんものの植物でつくるアクセサリー、プランツジュエリーのmicromです*

「わたの実のピアス/イヤリング」。
小さなコットンの実にきらりとビーズをしのばせた、秋冬に人気の商品です。

植物アクセサリー わたの実

これ、いったん殻から綿をはずして量を調整したりして、けっこう手がかかっているんですよ。
でも殻と綿なので、劣化がほとんどないのが良いところ。

 

そんな折、友人にわたの実の種をもらいました。

これは育ててみるしかない!!と息巻いてたねまき。

綿の実 種

わたの実の種は、ふわふわの綿にくるまれています。
発芽しやすいように一晩水に浸けてから、種まき。

綿の実 コットン

まいて1週間ほどで、かわいい双葉がひらきました。

 

r写真 2016-05-12 11 39 54

この頂いた綿のタネ、オーガニックコットンの商品を推進するプロジェクトの一環のようです。

 

綿(コットン)といえば、もっとも古くから人間と関わりのある植物のひとつ。
綿花の栽培は紀元前のインドにまでさかのぼることができます。

綿の実 コットン

近代においては、奴隷制度や産業革命にも大きな役割を果たした、なかなか罪作りな植物。
綿花をたくさん育てるために奴隷制度が確立し、収穫した綿花から糸を紡ぎ布をつくるために工業化が発展しました。

今でも綿花は世界中で取引される重要な植物。
人間がお金のために一つの植物を大量に栽培しようとすると、いろいろな問題が出てくるわけで。

大規模灌漑による土地の疲弊や、労働者の健康問題、生産国との公正な取引ができていない問題なども指摘されていますが、オーガニックコットン(農地や農薬の基準を考えた栽培)やフェアトレード商品なども、少しずつ広がり始めていますね。

植物は工業製品のようにはいかない。たくさんの失敗から人間は学んでいるはずです。
人間も地球も無理なく持続的に付き合っていけるように、つくる人も買う人も考えなくてはいけないですね。

 

なんてことを、一粒のタネから考えたのでした。
これからの成長が楽しみですね*

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

母の日に寄せて、micromの本棚からカーネーション。

こんにちは。プランツジュエリーのmicromです*

今年は母の日らしいことをしていないなあ…と思い
micromの本棚からカーネーションとナデシコを抜き出して、Twitterに投稿してみました。

ボタニカルアートや古い絵画、展覧会の図録など。
どんな本棚か、想像がつきそうですね(笑)

—–

こんなふうに、ひとつの花をテーマに文献を探してみるのはなかなか面白いです。
たくさん出てくるということは、それだけ古くから人間とお付き合いのあった植物ということですね。

好評だったので、また違う季節に違う花でやってみたいなあと思います*

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/