商品について

南房総の里山しめ縄飾り、材料を採りに行ってきました。

こんにちは。micromです*

あっという間に、師走ですね。

毎年恒例!里山しめ縄飾りの材料を採りに、週末の南房総へ行ってきました。

 

お天気に恵まれてよかった!青い空が気持ちいいです。

ガイドは、ほんまる農園の本間さん。

稲わらを提供してくださるお米農家さんですが、里山のいきものや植物にものすごく詳しい先生でもあります。(じつはmicromの大学の先輩)

 

紅葉も終わりかけ。なんにもなさそうな林道ですが、見る人が見れば…

見上げると、木にからまってツルウメモドキが!!

根元を見るとこんな感じ。

まだフレッシュな黄色い実ですが、これが熟して乾燥すると、オレンジと黄色のコントラストが美しいこんな姿になるのです。

 

こちらは、オオバタンキリマメ。

つやつやの黒い実がきれいです。

 

定番の赤い実は、サルトリイバラ。

こちらは事前に採集してくれていました。一番大きな枝ぶりは、なんと見事なこと!

つやつやの美しい赤にうっとり。林道の中でこれを見つけたら、本当に宝物のようだろうなあ…

 

こちらは今回初めて採集した、カラスザンショウ。

はじける前の緑の実を手でさわると、確かにサンショウのような鮮烈な香りがしました。すごい!

殻のかたちも面白いので、今年のお飾りに使ってみようと思います。

 

そして主役のカラスウリ。今年はやや数が少ないようでした。

毎年同じように採れるわけじゃないもんね。自然のものなのだから、それも当然。

手に入ったもので、美しくつくるのが腕の見せどころです。

 

―――――

お昼は、金毘羅山の頂上でお弁当。

本当に良い天気で、ぽかぽか暖かくて。こんなところで食べるごはんは、美味しいに決まっています…!

 

頂上には祠が。屋根の上にしめ縄がちょこんと置いてありました。

―――――

 

しめ縄飾りに使うのは、ある程度日持ちがする(もしくはドライになる)ものを選んでいます。

なので、使えない植物もあるわけですが…

メタリックブルーが美しい野ぶどう。どうしてこんな色になるのか、自然が創り出す美しさに、ため息が出ます…(使えないけど)

 

枯れ葉色の林道でハッと目を引くピンク色は…

クサギの実です。羽根つきの羽根みたいで可愛い!(使えないけど)

 

採集した枝や実はキレイに仕分けをし、東京へ持ち帰ってきました。

あとはmicromが頑張って作るのみ…!

と言っても、枝ぶりや実の付き方を見ながら、キレイに見える手助けをするだけです。

ほんまる農園の稲わらの土台に、このナチュラルな木の実たちはよく似合う。その土地のものだけを使って作るお飾りは、なんて贅沢なんでしょうか。

 

ご予約は近日中にはじまります。(南房総ほんまる農園ストア)

ご縁のある方のもとに、お届けできますように。

 

道の駅ではもう日本水仙が売られていました。早い!

甘酸っぱいこの香りをかぐと、新しい年が来るな、と背筋がのびます。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

【オーダーメイド】七五三の髪飾りを制作しました*

七五三の前撮りに、生花の髪飾りのオーダーをいただきました。

 

お子さま用はおとな用と違って、大きさにちょっと気を使います。

ピンポンマムは、輪咲きのものではなく、スプレー咲きタイプの中輪を使いました。

お花はたくさん用意しますが、大きさや咲き具合を見て、ベストな一輪を使います。

一輪ずつワイヤリングし、組み上げていきます。

当日のヘアメイクに合わせられるように、バラバラのパーツも用意。ヘアメイクさんとの信頼関係も大事です。安心しておまかせできるヘアメイクさん、カメラマンさんなので安心。

着用イメージはこんな感じかな?

 

とっても綺麗に撮影していただきました*

予備パーツも、帯飾りに使ってくださいました。可愛い。

 

ご本人もとても気に入ってくれたようで、こんな絵まで描いてくれたそう!

嬉しいですねー*良い思い出になってくれるといいな。

 

七五三や結婚式。この日に合わせて!というオーダー承っております。

特別な日には、フレッシュなお花のアクセサリーでおめかししませんか?
どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

クラスペディアの指輪 「ドライフラワー」のアクセサリーとの違い

r写真 2016-04-20 8 48 33

こんにちは。プランツジュエリーのmicromです*

小さなクラスペディアの花でつくった指輪のご紹介です。

クラスペディアはキク科の花。
乾燥すると固くなり、壊れたり欠けたりしづらい形なので、アクセサリーにはとても使いやすいです。

 

さて、販売しているとよく受けるご質問は
「これはドライフラワーのアクセサリーですか?」というもの。

micromが販売しているアクセサリーの植物は、ドライフラワーになっています。
ですが、「ドライフラワーを使って作った」ものではありません。

たとえばこのクラスペディアの指輪、制作時は生の状態のお花を使っています。
生の植物は柔らかいので、ワイヤーやビーズを通すことができます。
この指輪のクラスペディアも、お花の中に渋い色のビーズをしのばせています*

ドライフラワーになってしまうと植物の組織が硬くなり、力を加えると壊れやすくなるのです。
そのかわり、ドライフラワーは、クラフト用のボンドなどで簡単に接着できます。

 

私が感じる植物の魅力は、やわらかさ、みずみずしさ、生命力。
なので基本的には、生の状態の植物を使ってつくるようにしています。
(接着剤も使っていません)

ドライフラワーにはドライフラワーの良さがあり、美しさがありますが
生きている植物の美しさとはまったく別物。
私は花屋出身なので、どうしても生きている植物の美しさに目がいってしまいます。

枯れないから、手入れが楽だから、という理由でドライフラワーが人気ですが、
用途に応じて使い分けられればいいなあと思っています。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

【オーダーメイド】卒業式のヘアパーツ

こんにちは。micromです*

すっかり空気が春めいて、なんだかそわそわする季節になりました。

大人になってからは、特に区切りの季節でもないのですが(笑)
卒業や進学、異動など、新しい環境に身を置く人たちのわくわくが伝わってくるからでしょうか。

 

卒業式の着物に合わせて、生花ヘアパーツのオーダーをいただきました。

r3

しかも今回オーダーをくださったのは、菊を育てている生産者さんのお宅。

それは是非、おうちの菊を使いましょう!ということになり
あれこれ送っていただきました。

r2

r1

切り花用に出荷するものとしては、花の大きさや茎の太さが足りないものも
ヘアパーツに使うにはぴったり。

こちらで用意した花材もまぜて、大きめのヘアパーツと単品のパーツを制作しました。

r5

ビーズも少し、きらりとしのばせました。

iWTWZ

後日送っていただいたお写真。
新しい門出に、花を添えられてよかったです。おめでとうございます*

特別な一日に、やっぱり生花はぴったり。
その日のために、その日が一番キレイになるように。
生のお花の魅力ですね。

しかも 「ウチでつくった花」 をつけられる人なんて、そうそういません…!
生産者さんの娘さんの特権!
良い思い出になってくれたらよいなあ、と思いました。

素敵なご注文をありがとうございました*

 

卒業式、入学式、結婚式、記念撮影など
コサージュやヘアパーツのご相談もお受けしております。

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

生の植物でつくるということ。ヒヤシンスのピアス*

こんにちは。micromです*

ほんものの植物でつくるアクセサリー、って言うと
「どれくらいもつんですか?」と聞かれます。

それはもう、ほぼ100%!

植物によって違うので、一概には言えない。というのが答えです。
数日使えるものもあるし、ドライになって1年以上使えるものもあるし、
数時間でしおれてしまうものもあります。

また、「むいている植物は?」と聞かれることも多いですが
これもまた用途によって違うので、一概には言えないのです。

ドライになるまで楽しみたい、という場合もあるでしょうし、
この2時間だけキレイならいい!という場合もあるでしょう。

そんな中でも、短い時間のお楽しみであるヒヤシンスのピアス。
現在アミューズミュージアムで展示しています。

r写真 2016-02-01 16 46 23

着用の場合は、楽しめるのは約1日くらい。
ケースに入れて展示したらどうかな…と思ったら

r写真 2016-02-07 10 26 45

1週間でこんなにシワシワに。

ということで、日曜日に入れ替えをしてきました。

r写真 2016-02-07 9 04 15

こちらは八重咲きのヒヤシンス。
ボリュームがあって肉厚。外側の花びらの、緑がかったグラデーションもきれいです。

r写真 2016-02-07 8 53 24

ヒヤシンスは、切花として水に活けてあればかなり長く楽しめます。

ゆっくり咲き進んでいくのを切花で楽しみつつ、咲いた花を摘みとってアクセサリーにするのがおすすめ。
1輪でも耳につけていると、ふんわり香りが漂いますよ。

 

春にしか楽しめない、ヒヤシンスのピアス。
その香りと艶やかさ、ぜひ一度体験してみてください*

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/