南房総の里山しめ縄飾り、材料を採りに行ってきました。

こんにちは。micromです*

あっという間に、師走ですね。

毎年恒例!里山しめ縄飾りの材料を採りに、週末の南房総へ行ってきました。

 

お天気に恵まれてよかった!青い空が気持ちいいです。

ガイドは、ほんまる農園の本間さん。

稲わらを提供してくださるお米農家さんですが、里山のいきものや植物にものすごく詳しい先生でもあります。(じつはmicromの大学の先輩)

 

紅葉も終わりかけ。なんにもなさそうな林道ですが、見る人が見れば…

見上げると、木にからまってツルウメモドキが!!

根元を見るとこんな感じ。

まだフレッシュな黄色い実ですが、これが熟して乾燥すると、オレンジと黄色のコントラストが美しいこんな姿になるのです。

 

こちらは、オオバタンキリマメ。

つやつやの黒い実がきれいです。

 

定番の赤い実は、サルトリイバラ。

こちらは事前に採集してくれていました。一番大きな枝ぶりは、なんと見事なこと!

つやつやの美しい赤にうっとり。林道の中でこれを見つけたら、本当に宝物のようだろうなあ…

 

こちらは今回初めて採集した、カラスザンショウ。

はじける前の緑の実を手でさわると、確かにサンショウのような鮮烈な香りがしました。すごい!

殻のかたちも面白いので、今年のお飾りに使ってみようと思います。

 

そして主役のカラスウリ。今年はやや数が少ないようでした。

毎年同じように採れるわけじゃないもんね。自然のものなのだから、それも当然。

手に入ったもので、美しくつくるのが腕の見せどころです。

 

―――――

お昼は、金毘羅山の頂上でお弁当。

本当に良い天気で、ぽかぽか暖かくて。こんなところで食べるごはんは、美味しいに決まっています…!

 

頂上には祠が。屋根の上にしめ縄がちょこんと置いてありました。

―――――

 

しめ縄飾りに使うのは、ある程度日持ちがする(もしくはドライになる)ものを選んでいます。

なので、使えない植物もあるわけですが…

メタリックブルーが美しい野ぶどう。どうしてこんな色になるのか、自然が創り出す美しさに、ため息が出ます…(使えないけど)

 

枯れ葉色の林道でハッと目を引くピンク色は…

クサギの実です。羽根つきの羽根みたいで可愛い!(使えないけど)

 

採集した枝や実はキレイに仕分けをし、東京へ持ち帰ってきました。

あとはmicromが頑張って作るのみ…!

と言っても、枝ぶりや実の付き方を見ながら、キレイに見える手助けをするだけです。

ほんまる農園の稲わらの土台に、このナチュラルな木の実たちはよく似合う。その土地のものだけを使って作るお飾りは、なんて贅沢なんでしょうか。

 

ご予約は近日中にはじまります。(南房総ほんまる農園ストア)

ご縁のある方のもとに、お届けできますように。

 

道の駅ではもう日本水仙が売られていました。早い!

甘酸っぱいこの香りをかぐと、新しい年が来るな、と背筋がのびます。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/