宮島でも、みちくさ散歩(登山)

こんにちは。micromです*

広島旅行、宮島編つづきです。
厳島神社にお参りしたあと、やはりこの島の神様の山・弥山にもご挨拶しようと山に登りました。

古代から宮島は島全体が信仰の対象でした。厳島神社のご神体は弥山そのもの。

奥宮に近づくにつれ周りに人もいなくなり、空気も清冽に。確かにこれは、神様の領域かも。

写真 2016-07-17 12 08 52

奥宮からさらに奥に進んだ「奥の院」。水の流れる音と風の音、虫の声しかしない静けさ。
厳島神社の喧騒が嘘のようです。

写真 2016-07-17 12 36 45

この道でいいのかなあ、と迷いかけたときに見つけた道しるべ。ギリギリ読めましたけど…
写真 2016-07-17 12 44 11

奥の院にはひっそりとお地蔵さまが。
写真 2016-07-17 12 38 41

 

—–

さて、けっこうな山道でしたが、山と言えばコケ。
関東では見かけない植物なんかもあって、相変わらず下ばっかり見ながら歩きました。
どこへ行ってもだいたいやってることは一緒ですねえ。

写真 2016-07-17 10 48 42

写真 2016-07-17 10 53 33

写真 2016-07-17 10 55 45

写真 2016-07-17 10 53 55

写真 2016-07-17 11 46 19

写真 2016-07-17 12 01 49

写真 2016-07-17 12 32 28

写真 2016-07-17 12 22 15

写真 2016-07-17 12 09 39

 

気になって撮った、岩肌にはりついていた小さなアイビーのような植物。
写真 2016-07-17 10 56 36

帰ってから植物に詳しい知人に調べていただいたところによると、
ヒメイタビ (クワ科イチジク属 Ficus thunbergii) の幼葉 と判明。

成長した姿はまるで別物なので、同定が難しいようです。

そしてなんと、園芸でよく使われる 「プミラ」は、この近縁のオオイタビ(クワ科イチジク属 Ficus pumilla)の幼葉なのです。確かにちょっと似てると思ったけれど、初めて知りました…!

まさか宮島の山の中で見つけた植物が、おなじみの観葉植物の親戚だったとは。
みちくさ散歩もあなどれません。

—–

ついでに、宮島の植物はシカによる食害を受けるので、矮小化したものが多いのだとか。

写真 2016-07-17 10 17 19

チドメグサの仲間だと思うのですが、はっきりとわかりませんでした。
これも矮小化したり、葉の形を変えているのかも?

島の植物というのはこうやって独自の進化を遂げていくのだなあと、しみじみ感じ入るみちくさ散歩(登山)になりました。

 

最後に、山の上から見下ろす瀬戸内海!登った甲斐がありました*
写真 2016-07-17 13 25 38

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/