南房総の里山しめ縄飾り、材料を採りに行ってきました。

こんにちは。micromです*

あっという間に、師走ですね。

毎年恒例!里山しめ縄飾りの材料を採りに、週末の南房総へ行ってきました。

 

お天気に恵まれてよかった!青い空が気持ちいいです。

ガイドは、ほんまる農園の本間さん。

稲わらを提供してくださるお米農家さんですが、里山のいきものや植物にものすごく詳しい先生でもあります。(じつはmicromの大学の先輩)

 

紅葉も終わりかけ。なんにもなさそうな林道ですが、見る人が見れば…

見上げると、木にからまってツルウメモドキが!!

根元を見るとこんな感じ。

まだフレッシュな黄色い実ですが、これが熟して乾燥すると、オレンジと黄色のコントラストが美しいこんな姿になるのです。

 

こちらは、オオバタンキリマメ。

つやつやの黒い実がきれいです。

 

定番の赤い実は、サルトリイバラ。

こちらは事前に採集してくれていました。一番大きな枝ぶりは、なんと見事なこと!

つやつやの美しい赤にうっとり。林道の中でこれを見つけたら、本当に宝物のようだろうなあ…

 

こちらは今回初めて採集した、カラスザンショウ。

はじける前の緑の実を手でさわると、確かにサンショウのような鮮烈な香りがしました。すごい!

殻のかたちも面白いので、今年のお飾りに使ってみようと思います。

 

そして主役のカラスウリ。今年はやや数が少ないようでした。

毎年同じように採れるわけじゃないもんね。自然のものなのだから、それも当然。

手に入ったもので、美しくつくるのが腕の見せどころです。

 

―――――

お昼は、金毘羅山の頂上でお弁当。

本当に良い天気で、ぽかぽか暖かくて。こんなところで食べるごはんは、美味しいに決まっています…!

 

頂上には祠が。屋根の上にしめ縄がちょこんと置いてありました。

―――――

 

しめ縄飾りに使うのは、ある程度日持ちがする(もしくはドライになる)ものを選んでいます。

なので、使えない植物もあるわけですが…

メタリックブルーが美しい野ぶどう。どうしてこんな色になるのか、自然が創り出す美しさに、ため息が出ます…(使えないけど)

 

枯れ葉色の林道でハッと目を引くピンク色は…

クサギの実です。羽根つきの羽根みたいで可愛い!(使えないけど)

 

採集した枝や実はキレイに仕分けをし、東京へ持ち帰ってきました。

あとはmicromが頑張って作るのみ…!

と言っても、枝ぶりや実の付き方を見ながら、キレイに見える手助けをするだけです。

ほんまる農園の稲わらの土台に、このナチュラルな木の実たちはよく似合う。その土地のものだけを使って作るお飾りは、なんて贅沢なんでしょうか。

 

ご予約は近日中にはじまります。(南房総ほんまる農園ストア)

ご縁のある方のもとに、お届けできますように。

 

道の駅ではもう日本水仙が売られていました。早い!

甘酸っぱいこの香りをかぐと、新しい年が来るな、と背筋がのびます。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

【オーダーメイド】七五三の髪飾りを制作しました*

七五三の前撮りに、生花の髪飾りのオーダーをいただきました。

 

お子さま用はおとな用と違って、大きさにちょっと気を使います。

ピンポンマムは、輪咲きのものではなく、スプレー咲きタイプの中輪を使いました。

お花はたくさん用意しますが、大きさや咲き具合を見て、ベストな一輪を使います。

一輪ずつワイヤリングし、組み上げていきます。

当日のヘアメイクに合わせられるように、バラバラのパーツも用意。ヘアメイクさんとの信頼関係も大事です。安心しておまかせできるヘアメイクさん、カメラマンさんなので安心。

着用イメージはこんな感じかな?

 

とっても綺麗に撮影していただきました*

予備パーツも、帯飾りに使ってくださいました。可愛い。

 

ご本人もとても気に入ってくれたようで、こんな絵まで描いてくれたそう!

嬉しいですねー*良い思い出になってくれるといいな。

 

七五三や結婚式。この日に合わせて!というオーダー承っております。

特別な日には、フレッシュなお花のアクセサリーでおめかししませんか?
どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

二十四節気と、身の回りの植物のこと。

2年ほど前から、旧暦のこよみを使ってみています。

もちろん日常は普通のカレンダーでまわっているのですが、植物や季節を旧暦と照らし合わせてみるのは楽しいものです。

実際、農業や漁業をやっている人は旧暦こよみを今も参考にしているのだとか。

旧暦は月の満ち欠けの周期を1ヵ月とするものですが、それだけでは日付と季節が徐々にずれていってしまいます。

そのため閏(うるう)月を入れて調整するなど、細かな工夫が積み重ねられています。

 

その工夫のひとつが『二十四節気・七十二候』。

1太陽年を24に分割したものが二十四節気。「春分」や「秋分」「夏至」「冬至」などはお馴染みですね。七十二候はさらにそれを三分割したものです。

旧暦こよみを見ながら生活していると、この二十四節気が季節を知るポイントになっていることに気づきました。

「ちょっと空気が変わってきたな」とか、「新芽が出てきたな」とか、日々の中で気づく小さな変化はほとんど、きちんと二十四節気・七十二候に重なっているのです。

積み重ねられた知恵はすごいものですね。

 

都会に住んでいても、よく見れば植物はたくさんあるし、わずかな季節の変化も感じられる。

なんとなく感じていた移り変わりも、二十四節気を意識することで、よりくっきり感じられるのではないだろうか。

それを実感するため、今年の【春分】から、その季節に目につく花を二十四節気と合わせて投稿してみています。

 

植物は、東京で暮らしている私が、近所で見ているものばかりです。

こよみと結びつけて道端の草花を見るだけで、移り変わっていく季節がよりくっきりと見えるようになりました。

花は、季節を知らせてくれるもの。

ひとつひとつ、細かく季節を確かめているような感覚です。

次の春分まで、続けてみようと思います。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

ミモザのリースとヒヤシンスのピアスで春満開!

こんにちは。プランツジュエリーのmicromです*

まだまだ寒いけど、お花はすっかり春モード。2月のレッスンを開催しました。

 

プランツジュエリー講座は、春のお楽しみ「ヒヤシンス」。

付けているだけで香る、この時期だけのピアスをつくります。いつものように、後半はつくり放題の時間。コサージュのような大きなものから、一輪だけの可愛いピアスまで、たくさん作りましたね*

 

―――――

そして午後は毎年大人気のミモザリース。

この黄色いふわふわを見ると、春が来たなあ!という感じ。

最後に並べてびっくり、同じ材料なのに、出来上がりは個性が出るものなんですよ。

 

リースづくりレッスンの目的は「リースをつくる」ことより「植物を全身で感じる」ことかもしれないな、と思います。

植物を刻むときに立ちのぼる香り、手触り。
ワイヤーで留めつけていくときに集中して観察する、枝ぶりや花の咲き方。

土台を1周するころには、すっかりその植物と仲良くなれるような、そんな時間がリースづくりの醍醐味です。

今年も素敵なリースがたくさんできました。

次はこんなリースをつくりたい、とのリクエストもちらほら…(すみません頑張って企画します 笑)

 

玄関にミモザのリースを飾ってヒヤシンスのピアスを付けたら、気分はすっかり春。
暖かくなるのが待ち遠しいですね*

2017年は金運アップ?からすうりの種のこと。

こんにちは。
プランツジュエリーのmicromです*

12月は毎度のことながら、お正月飾り一色で
今年もたくさんの方にお手に取っていただき、ありがとうございました。

【関連記事】
稲わらで一からつくる大人のしめ縄飾りレッスン
川原農産さんの稲わらでしめ縄づくりワークショップ@八百屋丸文

 

―――――

今回は、「南房総・里山のしめ飾り」に使った、からすうりのお話。

rimg_20161222_133756

ほんまる農園さんと一緒につくっている「里山のしめ飾り」は、南房総の里山から採集してきた木の実たちを飾りに使っています。

中でも主役級といえばやっぱり「からすうり」。

rimg_20161215_163619

今年もつやつやと輝くからすうりをたくさん送っていただきました*

このからすうり、種もちょっとおもしろい形をしているんです。

実を割ってみましょう。

rimg_20170107_124029

黄色いぬるっとした果実に包まれて、黒い種がたくさん入っています。

黄色い果実を水で洗い流してみると…

rimg_20170107_124057

つやっとした黒い種!

打出の小槌の形だとか、大黒様の形に似ていると言われており、「金運のお守り」としてお財布に入れておくとよいのだそう。

ちなみにこれ、しばらく置いておくとツヤ感がなくなり、金色(茶色?)っぽく変化します。

金色に変化する打ち出の小槌とは…なんとも縁起が良さそうじゃありませんか。

 

今年「里山のしめ飾り」を飾られたみなさま、どんと焼きの前にぜひ「からすうりの種」ゲットしてみてくださいね。私も今年はお財布に入れようと思います*