二十四節気と、身の回りの植物のこと。

2年ほど前から、旧暦のこよみを使ってみています。

もちろん日常は普通のカレンダーでまわっているのですが、植物や季節を旧暦と照らし合わせてみるのは楽しいものです。

実際、農業や漁業をやっている人は旧暦こよみを今も参考にしているのだとか。

旧暦は月の満ち欠けの周期を1ヵ月とするものですが、それだけでは日付と季節が徐々にずれていってしまいます。

そのため閏(うるう)月を入れて調整するなど、細かな工夫が積み重ねられています。

 

その工夫のひとつが『二十四節気・七十二候』。

1太陽年を24に分割したものが二十四節気。「春分」や「秋分」「夏至」「冬至」などはお馴染みですね。七十二候はさらにそれを三分割したものです。

旧暦こよみを見ながら生活していると、この二十四節気が季節を知るポイントになっていることに気づきました。

「ちょっと空気が変わってきたな」とか、「新芽が出てきたな」とか、日々の中で気づく小さな変化はほとんど、きちんと二十四節気・七十二候に重なっているのです。

積み重ねられた知恵はすごいものですね。

 

都会に住んでいても、よく見れば植物はたくさんあるし、わずかな季節の変化も感じられる。

なんとなく感じていた移り変わりも、二十四節気を意識することで、よりくっきり感じられるのではないだろうか。

それを実感するため、今年の【春分】から、その季節に目につく花を二十四節気と合わせて投稿してみています。

 

植物は、東京で暮らしている私が、近所で見ているものばかりです。

こよみと結びつけて道端の草花を見るだけで、移り変わっていく季節がよりくっきりと見えるようになりました。

花は、季節を知らせてくれるもの。

ひとつひとつ、細かく季節を確かめているような感覚です。

次の春分まで、続けてみようと思います。

 

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/

ミモザのリースとヒヤシンスのピアスで春満開!

こんにちは。プランツジュエリーのmicromです*

まだまだ寒いけど、お花はすっかり春モード。2月のレッスンを開催しました。

 

プランツジュエリー講座は、春のお楽しみ「ヒヤシンス」。

付けているだけで香る、この時期だけのピアスをつくります。いつものように、後半はつくり放題の時間。コサージュのような大きなものから、一輪だけの可愛いピアスまで、たくさん作りましたね*

 

―――――

そして午後は毎年大人気のミモザリース。

この黄色いふわふわを見ると、春が来たなあ!という感じ。

最後に並べてびっくり、同じ材料なのに、出来上がりは個性が出るものなんですよ。

 

リースづくりレッスンの目的は「リースをつくる」ことより「植物を全身で感じる」ことかもしれないな、と思います。

植物を刻むときに立ちのぼる香り、手触り。
ワイヤーで留めつけていくときに集中して観察する、枝ぶりや花の咲き方。

土台を1周するころには、すっかりその植物と仲良くなれるような、そんな時間がリースづくりの醍醐味です。

今年も素敵なリースがたくさんできました。

次はこんなリースをつくりたい、とのリクエストもちらほら…(すみません頑張って企画します 笑)

 

玄関にミモザのリースを飾ってヒヤシンスのピアスを付けたら、気分はすっかり春。
暖かくなるのが待ち遠しいですね*

2017年は金運アップ?からすうりの種のこと。

こんにちは。
プランツジュエリーのmicromです*

12月は毎度のことながら、お正月飾り一色で
今年もたくさんの方にお手に取っていただき、ありがとうございました。

【関連記事】
稲わらで一からつくる大人のしめ縄飾りレッスン
川原農産さんの稲わらでしめ縄づくりワークショップ@八百屋丸文

 

―――――

今回は、「南房総・里山のしめ飾り」に使った、からすうりのお話。

rimg_20161222_133756

ほんまる農園さんと一緒につくっている「里山のしめ飾り」は、南房総の里山から採集してきた木の実たちを飾りに使っています。

中でも主役級といえばやっぱり「からすうり」。

rimg_20161215_163619

今年もつやつやと輝くからすうりをたくさん送っていただきました*

このからすうり、種もちょっとおもしろい形をしているんです。

実を割ってみましょう。

rimg_20170107_124029

黄色いぬるっとした果実に包まれて、黒い種がたくさん入っています。

黄色い果実を水で洗い流してみると…

rimg_20170107_124057

つやっとした黒い種!

打出の小槌の形だとか、大黒様の形に似ていると言われており、「金運のお守り」としてお財布に入れておくとよいのだそう。

ちなみにこれ、しばらく置いておくとツヤ感がなくなり、金色(茶色?)っぽく変化します。

金色に変化する打ち出の小槌とは…なんとも縁起が良さそうじゃありませんか。

 

今年「里山のしめ飾り」を飾られたみなさま、どんと焼きの前にぜひ「からすうりの種」ゲットしてみてくださいね。私も今年はお財布に入れようと思います*

材料から山に採りに行こう!南房総のお正月飾りワークショップ

NPO南房総リパブリックが企画している里山学校「里山の素材でつくるお正月飾り」。

NPO南房総リパブリック 冬の里山学校
「里山の素材でつくるお正月飾り」

今年で4年目!micromは講師役で参加させていただいています。

南房総産の稲わらを綯うのはもちろん、飾りつけに使う木の実や葉っぱなども里山に採りに行く!という完全にゼロから手づくりのお正月飾り。

なかなか遠くて参加できない方も多いかと思いますが、これがまたとっても面白いのです。
どんなことをやっているか、昨年までの様子をまとめてご紹介します*

―――――

 

まずはお飾りに欠かせない葉っぱ「ウラジロ」を採りに、里山をのぼります。
鏡餅の下に敷いたりする、あれですね。

20141215_1436598

けっこうな急斜面もあります。
運動不足な私は、翌日いつも筋肉痛(笑)

20131217_883228

北側の斜面に、ウラジロが群生している場所があります。
シダ植物ですから、日当たりの悪い北側が居心地が良いのでしょう。

20141215_1436595

ゲット!
こうして1対になっています。

 

そのほかにも、里山は材料の宝庫!

こちらは野ばらの実。トゲが痛いので注意です。

20141215_1436599

見上げれば、ハンノキの木も。
micromのリースでもおなじみ、ヤシャブシのなかまです。

20131217_883234

 

 

毎回、地元の方が中心になっていろいろな素材を集めてくれています。

つやつやに実ったカラスウリ!

20141215_1436605

「サンキライ」の名前で出回っている「サルトリイバラ」。
国産・天然ものです。山の中で見つけると、きらきらと宝石のよう!

20141215_1436604

つやつやとした実たち、すべて天然もの。美しいです。

20141215_1436606

松の葉と、松ぼっくりも地元産。

20141215_1436594

 

 

さあ、ウラジロの山から下りてきたら、稲わらを綯って土台をつくるレッスンです!

20131217_883242

地元の農家さんは、しめ縄作りのベテラン。
鮮やかな手元に見とれつつ、作り方を習います。小さい子供たちも、見よう見まねで覚えていきます。

去年は縄の綯い方も習いました。
しめ縄と普段使いの縄は、微妙に作り方が違うんですよ。

土台をつくり終わったら、木の実や松葉を飾りつけましょう!
(このへんでmicromちょっとお仕事します)

ワイヤーの付け方をレクチャーしたら、バランスよく可愛くできるように、アドバイスしつつ…

20141215_1436602

思い思いのお正月飾りが完成!!

20131217_883244

売っているものとはひと味違う、自分だけのお正月飾り。
子供たちの得意げな顔に、こちらもついつい笑顔になります。

 

―――――

 

そして里山学校のもうひとつの楽しみは、地元の食材たっぷりのランチです!!
これが楽しみといっても過言ではありません。地元のお嫁さんチームがテキパキと用意してくださいます。

20141215_1436601

たっぷりの野菜、平飼い鶏の卵やお肉。
しっかり素材の味が濃くて、本当に美味しい!

山登りした後でおなかはすいてるし、どれも美味しくて清々しくて本当にいい気分。
毎年趣向を凝らしてくださっていて、もちつきをしたり、ロケットストーブで調理を見せてくれたり、毎回すっかり楽しませていただいています*

 

―――――

1日がかりで、自分の身体をめいっぱい使ってつくるお正月飾り。
大人も子供も、都会にいるとなかなか体験できない貴重な経験です。

お飾りの材料になるお米もその場で味わえて、美味しい食材で土地の恵みを心から感じることができますよ。

今年は12月18日(日)の開催。
ご興味がある方は、ぜひお問合せください*

↓ ↓ ↓

NPO南房総リパブリック 冬の里山学校
「里山の素材でつくるお正月飾り」

千日紅のレッスン開催しました*

img_20160910_145505

こんにちは。
プランツジュエリーのmicromです*

9月は恒例の千日紅レッスン。
3色の千日紅を使って、可愛いアクセサリーがいろいろできました。

実は今回用意した淡いピンクの千日紅は、ちょっと違う種類。

よく花壇などで見かける「グロボーサ種」(お送りしたタネはこちらですね)ではなく、
背が高くなる「ハーゲアナ種」、キバナセンニチコウ系の千日紅でした。名前はシスター。

じっくり観察すると花の形も違うので、アクセサリーにするときのコツも少し違います。
そんなお話も交えながら、楽しいレッスンでした*

 

「ベランダからアクセサリー」で種まきした我が家の千日紅は伸びに伸び、台風で倒れてナナメになっていますが、わさわさと咲いています。

r%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-18-10-07-57
・・・が、プランター植えの方は、ちょっと元気がない様子。
土の中に、コガネムシの幼虫がいるのかも。(写真は自粛しますが、根っこをかじるので困った害虫です)

小さい鉢植えの方はまだまだ元気。小さなつぼみも。

r%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-18-10-08-05

ここへきて秋の長雨。なかなかお手入れができなくてもどかしい。
お日様が恋しい秋なのでした。

 

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
ほんものの植物でつくる*プランツジュエリー
microm

Facebookページあります*
→ http://www.facebook.com/microm.plants

twitterアカウントは
→ @microm81

インスタグラムはじめました
→ https://instagram.com/microm81/