【植物図鑑】ヒペリカム

お花屋さんで一番よく見かける「実もの」といえばヒペリカム。

 

公園や植え込みなどでよく見る、ビヨウヤナギ(Hypericum chinense)やキンシバイ(Hypericum patulum)も、同じヒペリカムの仲間です。

植え込みでよく見る「ビヨウヤナギ」。黄色い花が終わったあと、実をつけます。

 

切花で楽しむのは「実を楽しむ」ヒペリカムの仲間。

実の色も、赤、濃い赤、ピンク、緑、黄色、白など様々な品種が作られ、出回っています。

 

プランツジュエリーとしては、ドライにはならずフレッシュの状態で楽しむ花材。

数日置いておくと、実のツヤが失われ、しぼんだ感じに。最終的には黒くなってしまいます。

 

それでも、お花屋さんで手に入れやすいこと、小さくて使いやすいことなど、プランツジュエリーには欠かせない味方です。

 

===========

ヒペリカム

Hypericum
オトギリソウ科オトギリソウ属・落葉~常緑低木

切花としての出回り時期:周年(輸入品も多いです)

 

プランツジュエリー植物図鑑 一覧ページへ戻る