【植物図鑑】オキナワスズメウリ

真っ赤に熟れたシマシマの実は、
micromの中でも思わず「それ本物ですか?」と聞かれるナンバーワン。

お正月飾りはもちろん、夏のピアスにも活躍します。

日本では沖縄に自生する、ウリ科のつる植物です。
実は可愛いですが、有毒です。口にしないように注意してください。

魅力的なのは、しま模様の可愛い実が次第に熟していくところ。まるで色見本!

緑の状態で収穫したものも、室内に置いておくと徐々に赤くなっていきます。

アクセサリーにするなら、小さめのものを収穫するといいですね。

 

―――――

2016年夏。ベランダでも簡単に育てられました。

つるがくるくる巻き付いて。

花は黄色。
雄花と雌花がありますが、一つの株にどちらの花も咲く「雌雄同株」。

雌花にはもう小さなすずめうりが。

かなり小さいうちから、ちゃんとシマシマがあります。

虫もほとんどつかず、とても育てやすい。日よけの緑のカーテンにぴったりでした。

 

―――――

オキナワスズメウリ Bryonopsis laciniosa
ウリ科