【植物図鑑】カラスウリ

micromのお正月飾りの定番、カラスウリ。

原産は中国と日本。本州・四国・九州などに自生する、つる植物。
都会でも探せば見つけることができます(それでも昔に比べればずいぶん、見なくなりました)。
ジメジメとした場所を好むようで、池や川の近くに多く見られるようです。

 

夏の夜に咲く花は、レースのような白い花。
明け方にはしぼんでしまう、なんとも神秘的な雰囲気の花です。

装飾に使うものは主に赤く熟したものですが、未熟な緑の状態ではしましま模様があり、それもまた可愛い。

ドライにはなりませんが、常温で2週間程度は観賞できます。時間がたつとしぼんできてこんな感じ。

 

実を割って出てくる種は、打ち出の小槌の形とも、大黒様の形とも言われています。

金運のお守りとして、お財布に入れておくといいそうですよ。

――――

カラスウリ Trichosanthes cucumeroides
ウリ科