【足立区】取り壊される建物を使ったイベント『静山祭』に出店しました

写真 2016-06-12 7 57 21

築48年の時を経て、この夏解体される木造アパート 『静山荘』 。

すでに住人はいなくなったこのアパートを使って、最後に開催されたイベント 『静山祭』に参加させていただきました。

1日目は、建物へのペイントワークショップと食育ランチ。
2日目は、ペイントされた静山荘を山に見立てて山登り!
映画の上映やフード出店あり、ワークショップありのお祭りです。

主催者の方とご縁があり、micromは2日目に販売とワークショップで参加。

割り当ててもらったお部屋は三合目です。r写真 2016-06-12 10 10 23

台所が販売スペースに!r写真 2016-06-12 9 57 10 (1)

テーマが「山登り」ということ、子どもたちが多く参加すること、どんぐりを使ったワークショップなども企画されていることを聞いていたので、気軽に身につけられる植物のパーツを用意。

その場で革紐やストラップにつないですぐに身につけていただけるような売り方を提案してみました。

植物アクセサリーのパーツ

首にかけて、カバンにつけて。
そのままイベントを楽しんでくださり、お祭りっぽい楽しさを満喫しました。

 

予約制のワークショップは、今が旬のラムズイヤーでピアス(イヤリング)作り。
こちらは大人の女性にたくさんご参加いただきました。r写真 2016-06-12 9 56 26

r写真 2016-06-12 15 15 01

WS-1

 

思いのこもったイベントは良いものですね。
事前に企画を聞き、それに合わせてどんな提案ができるかな、と考えるのも楽しいです。

すべてのお誘いにお応えできるわけではありませんが、micromの植物がなじめそうなイベントへの出店・ワークショップ企画のお誘いは大歓迎です。お気軽にお問合せください。


 

今回は、自分もすっかり楽しんでしまいました…!お祭りの様子をご紹介します。

前日に日本画家の栗原由子さんと子どもたちがペイントしたという建物は、下見させてもらったアパートから一転!大変身。

カラフル!r写真 2016-06-12 10 00 05r写真 2016-06-12 10 02 50r写真 2016-06-12 10 02 58

的あてどんぐりパチンコの部屋。r写真 2016-06-12 11 02 16

顔ハメ写真の部屋。r写真 2016-06-12 10 00 48

新聞紙の落ち葉で遊ぶコーナー。r写真 2016-06-12 10 04 15

アロマとマッサージの部屋。r写真 2016-06-12 10 04 00

お菓子の販売もあったり。(茨城のROQUI CAFEさん)r写真 2016-06-12 10 04 37

山に見立てたシフォン!r写真 2016-06-12 10 46 10

どんぐりころころ遊べるコーナー。r写真 2016-06-12 10 01 57

頂上の部屋は、昭和のままの内装が残っている唯一の部屋。
r写真 2016-06-12 10 05 59
懐かしいガラスの障子がたまりません!r写真 2016-06-12 10 06 41r写真 2016-06-12 10 06 07

 

外の駐車場では、フードの屋台。お天気も良くて、ビールがおいしい!
子供服の交換会もにぎわっていました。r写真 2016-06-12 9 58 47

 

このまま遊び場として残してほしいなあ…という子供たちの声も聞こえてきたりして、きゅんとなりました。
でもなくなってしまうからこそ、ここまで大胆に遊べたのだよね。

きっとみんなの思い出に残ったことと思います。

お立ち寄りいただいたみなさま、ありがとうございました*

静山祭
静山祭ホームページ