【植物図鑑】ラムズイヤー

rIMGP0141

 

やわらかい毛並みが人気のラムズイヤー。

rIMGP0146rIMGP0044

葉っぱは1年中使えますが、やわらかく肉厚な葉は春先の新芽が、
花穂の先端は6~7月が旬です。ひかえめな紫の花も可愛い。

ハーブとして紹介されることもあり、茎を切るとほんのり甘い香りがします。

rIMGP0189

葉っぱは大きくなるため、プランツジュエリーとしては小さめの新芽を使うと良いでしょう。

ドライになると葉の芯は硬くなりますが、ふわふわの毛並みはそのまま。
シルバーがかった白っぽい色になり、長く楽しめます。

===========

ラムズイヤー

Stachys byzantina
シソ科イヌゴマ属・多年草

切花としての出回り時期:花付きのものは5~6月
苗や鉢植えも出回るので、一鉢育てておくと便利。

 

プランツジュエリー植物図鑑 一覧ページへ戻る