About

植物アクセサリー

プランツジュエリーは micromの考える
あたらしい植物アクセサリーの総称です

 

micromのプランツジュエリーは、ほんものの植物を摘みとってつくります。

販売するものは すでにドライにしたものですが
つくるときは生で、やわらかい状態の植物を使っています。

ドライフラワーを使ってつくるより、自然で繊細なデザインができます。

染色やコーティング加工はしていません。
接着剤もほぼ使っていません。
自然のままの風合いをお楽しみください。

生の植物が手に入る季節にしか作れない 旬のあるアクセサリーです。

 

ドライにならない植物も
身につけて楽しむ提案をしています

 

その日限りのもの、数日間楽しめるもの、ドライになるものなど
植物によって性質はさまざま。
フレッシュでしか楽しめないものでも、季節を感じる美しい植物は数多くあります。

ドライにならない植物も
ウエディングや特別な日のオーダー、ワークショップや季節のレッスンなどで
積極的にご提案しています。

つくり方を覚えればどなたでも
身のまわりの植物で気軽に作ることができますし、特別な日に合わせて旬のアクセサリーを贈ることもできます。
プランツジュエリーは、単に植物を材料としたアクセサリーではなく
植物の知識に理解を深め、季節を感じ、自然の一部を身につける方法のひとつです。

植物だからできる 永遠ではないからこその
贅沢な、あたらしいアクセサリーを提案しています。

 

*「プランツジュエリー」はmicromの登録商標です。

 

コンセプト

replantsjuery

子どものころ、ドキドキしながらつくったシロツメクサの花冠。
道端の植物やそれに集まる虫たちを 飽きずにながめたこと。

そんな景色が、micromのプランツジュエリーの原点です。

ひとつひとつ違う植物のかたちや色。
同じ植物でも、季節によって表情が変わること。
いつでも使えるわけではない、季節限定の花。

植物を身につけることで、そんな当たり前のことにあらためて気づかされます。

アクセサリー材料のひとつとしての植物があるのではなく、自然や季節そのものを身につけて楽しむのをコンセプトに、制作やワークショップをおこなっています。

箱に閉じ込めておきたくても、美しいものは儚く移ろいます。
留めておけないもののなかに、自然の美しさがたくさんつまっている。
だからこそ、季節のめぐりに感謝することができます。

贈る・飾る・育てるだけではない、新しい楽しみ方を提案しています。

 

プランツジュエリーの植物たち

remicrom

プランツジュエリーであつかう植物は
使用期間・性質などをテストしたうえで
出回り頻度や季節感を考慮して選定・おすすめしています。

自然のものなので、絶対とは言えませんが、
フローリストとして植物を扱ってきた経験と知識にもとづいて、
安心で楽しみやすい植物をえらび、扱い方をお伝えしています。

 

プロフィール

高畠美月 mizuki takabatake

フローリスト。1級装飾技能士。
専門学校講師、生花店、ブライダルなどの現場で花の仕事を続けてきました。
都会にいながらも植物を身近に感じること、日常に取り入れることを模索し、プランツジュエリーを提唱。
飾る、贈るだけではない、花や植物との関係を模索しています。
植物にあまり興味がなかった人にも、気軽に楽しんでもらうことをモットーに活動中。